浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年04月12日
18 view

こんなはずじゃなかった・・・賃貸物件入居後によくある後悔



賃貸物件に入居した後、“こんなはずじゃなかった・・・”と後悔する方は少なくありません。
その理由はやはり、費用や設備などについてしっかり考慮せずに入居を決めてしまうことです。
したがって今回は、賃貸物件入居後によくある後悔とその理由について詳しく解説します。

賃貸物件入居後によくある後悔とその理由①生活が苦しくなった

賃貸物件に入居した後、急に生活が苦しくなり、“こんなはずじゃなかった”と後悔してしまうケースがあります。
その理由としては、賃貸物件に入居するための費用、賃料が自分の支払える範囲を超えてしまっていたことが挙げられます。
賃貸物件での生活には、賃料以外にもちろん水道光熱費や食費、その他の雑費などもかかります。
したがって、賃貸物件に入居するための費用や賃料が自分の支払える範囲を超えている場合、そこに他の各ランニングコストがプラスされ、生活はかなり厳しくなってしまいます。

賃貸物件入居後によくある後悔とその理由②設備を持て余してしまう

賃貸物件への入居後、設備を持て余すことで、無駄に高い賃料を支払うことになってしまうことになり、後悔するというケースがあります。
このような状況になってしまったのは、設備を“使うか使わないか”ではなく、“新しいか新しくないか”で選んでしまったことが理由だと考えられます。
確かに新しい設備は魅力的ですが、実際使うことがなければ、ただただ賃料が高くなってしまうだけです。
したがって設備を入居の決め手にするのであれば、必ず自分の生活に必要なものなのかを考えてから決断しましょう。

賃貸物件入居後によくある後悔とその理由③立地がイメージと違う

立地を重視して賃貸物件を選んだにも関わらず、その立地がイメージと違うことで、後悔してしまうケースもあります。
この場合、データやイメージだけで立地が良いと判断してしまったことが理由だと考えられます。
不動産仲介業者に依頼して内見をする際は、不動産仲介業者の車に乗って賃貸物件に向かうケースが多いです。
駅や周辺施設までの距離感、周辺の騒々しさなどを知るには、内見後に実際自分で足を運んで確認するべきでしょう。

まとめ

賃貸物件入居後によくある後悔とその理由について解説しました。
少しでも確認や考慮することを怠り、入居後に後悔してしまうと、後悔しないように作り上げてきた賃貸物件探しの計画がすべて水の泡になってしまいます。
したがって、たとえ時間がなかったり、面倒だったりしても、賃貸物件探しに費やす時間は惜しまないことを強くおすすめします。