浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年04月10日
10 view

賃貸物件におけるキッチンの種類にはどんなものがある?



賃貸物件を選ぶ際、キッチンの使いやすさ、充実した設備が決め手になることもあります。
では賃貸物件におけるキッチンには、一体どんな種類があるのでしょうか?
事前にそれぞれの特徴や利点、欠点を知っていれば、条件に盛り込みやすくなり、スムーズな賃貸物件探しに繋がるでしょう。

賃貸物件におけるキッチンの種類①I型キッチン

I型キッチンとは、シンクとコンロ、調理スペースがすべて直線状に並んでいるキッチンのことを言います。
単身者向けの賃貸物件などで多く採用されています。
また賃貸物件によっては、I型キッチンの前にカウンターが設置されているところもあります。
シンクとコンロ、調理スペースがすべて同じ向きにあるため、調理の効率は良くなりやすいですが、調理スペースが狭いことが多いのが欠点です。

賃貸物件におけるキッチンの種類②L型キッチン

L型キッチンとは、キッチンの角を使ってシンク、コンロ、作業スペースをL字に配置したキッチンのことを言います。
作業スペースが広めになっていることが多いため、常に片付けをしながらでなくとも、スムーズに調理ができるという利点があります。
ただ賃貸物件によっては、シンクとコンロの間に少し距離がある場合もあります。

賃貸物件におけるキッチンの種類③アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、壁側に設置されているわけではなく、島のように独立しているキッチンのことを言います。
キッチンからリビングなどを見渡しやすく、子どもの面倒を見ながら調理をしたい方にはおすすめです。
またキッチンの前後のスペースも広くなっていることが多いため、大人数で調理をするときなどは便利ですね。
ただキッチンの外からもキッチンの中が見えるため、少し生活感が出すぎてしまうという欠点があります。

賃貸物件におけるキッチンの種類④ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右どちらかだけ壁に接しているキッチンのことを言います。
ある程度キッチンの中が汚れていても外から見えにくく、なおかつ開放感も持ち合わせているのが利点です。
ただ左右どちらかが壁に接している分、動きは多少制限されます。

まとめ

賃貸物件におけるキッチンの種類について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
普段自炊をする単身者の方、または主婦の方は、上記のキッチンの利点と欠点を把握し、こだわって賃貸物件を選ぶことをおすすめします。
また普段料理をしない方でも、自分が便利だと感じるキッチンのある賃貸物件に入居すれば、料理を始めるきっかけになるかもしれません。