浦安賃貸情報~清田屋不動産~
清田不動産
更新日: 2019年03月18日
493 view

引っ越しをする場合の勤務先への報告について解説します



引っ越しをする場合、その事実を勤務先に報告する必要があります。
勤務先への報告を怠ると、後々あらゆる問題が発生するので注意しましょう。
ただ勤務先に報告すると言っても、具体的には誰に報告すればいいのでしょうか?
今回はその点について、具体的に解説していきます。

引っ越しをする場合、勤務先の誰に伝える?①人事課

引っ越しをする場合、まず勤務先における人事課に報告しなければいけません。
人事課では、従業員の社会保険、税金などの手続きが行われているためです。
これらの手続きには期限が設定されていることもあり、少しでも期限を過ぎると保険料や税額が変わってしまう可能性があるので注意が必要です。
また引っ越ししたことを勤務先の人事課に伝えないと、適切な交通費をもらうこともできません。
したがって人事課には、引っ越してから1週間以内に引っ越しの旨を伝えましょう。

引っ越しをする場合、勤務先の誰に伝える?②上司、同僚

引っ越しをする場合、直接繋がりがある勤務先の上司、同僚にもその旨を伝えましょう。
特に直接繋がりがある上司への報告は、慣例として行っておくべきことです。
できれば引っ越し後ではなく、引っ越し前に時期と大体の引っ越し先だけでも報告しましょう。
またどの範囲の上司、同僚まで伝えるべきなのかについては、“どれくらい付き合いがあるか”で判断しましょう。
例えば同じ部署に所属する従業員や、よく顔を合わせる従業員などには報告しておくべきでしょう。
逆に、他の部署にまでわざわざ引っ越しの報告をする必要はありません。

引っ越しをする場合、勤務先の誰に伝える?③取引先

これは正確に言うと勤務先ではありませんが、引っ越しをする場合は取引先にも報告しておくべきです。
例えば人事異動に伴う転勤などの場合、これから担当者が変更になる可能性も高いので、必ず取引先に引っ越しの事実を伝えます。
ただ引っ越しすることを伝えると言っても、引っ越し先のことに関しては細かく伝えなくてもOKです。
伝えるべきなのは、転勤になった場合の赴任先、部署名といった情報です。
できれば引っ越し前、または転勤に伴う引っ越しをしてから1ヶ月以内に報告できれば理想的です。

まとめ

引っ越しをする場合の勤務先への報告について解説しました。
勤務先への報告は事後報告でも構いませんが、引っ越す時期が明確なのであれば、早めに伝えるに越したことはありません。
また勤務先だけでなく取引先にも引っ越しの事実を報告することで、今後の付き合いが継続される可能性もあるので、忘れないように注意しましょう。