~お任せ新浦安賃貸情報~
清田不動産
更新日: 2018年10月05日
8 view

賃貸物件を法人契約して利用することは可能なの?



賃貸物件は個人として入居するしかないと思っていませんか?賃貸物件は法人契約し、会社の社宅として利用することができます。法人契約をすると安価に入居することができますから、社員としてもかなり嬉しい設備なのではないでしょうか。賃貸物件を法人契約する際に注意すべきことと、必要なものについてみていきましょう。

 

賃貸物件を法人契約する必要なものは?

法人契約をすると、賃貸を社宅として利用することができます。賃貸を法人契約すると会社の経費として住宅費を出すことができます。さらに大家さん側ではある一定の収入が確約されますから、どちらにしてもいい契約なのです。賃貸契約の法人契約の際には、いつもの入居者として契約するときとは準備するものが異なります。入居者として賃貸契約するときには身分証明書や実印、住民票、連帯保証人の書類などを用意しますよね。しかし、法人契約の際には必要なものがまだあります。例えば入居者全員の住民票です。もちろん社宅として契約し、複数人が住むことになりますから当然人数分の書類が必要ですよね。会社謄本や会社印鑑証明書といった会社がきちんとした経営をしているのかの証明が必要となります。事務的な書類が会社の分も増えると考えるとわかりやすいですね。

 

賃貸物件を契約する際の注意点とは?

賃貸物件を法人契約する際には、一般の入居者とは異なることがあります。例えば、基本的に社宅に契約した社員以外の人が住むということは認められていません。もしも法人契約した賃貸物件を来客用の部屋にしたり、他の人が住むようになるという場合には大家さんにあらかじめ説明して了承を得る必要があるでしょう。特にオートロックの部屋の場合には、契約していない第三者にキーナンバーが渡ってしまう恐れもあります。そのような使い方はしないほうが無難でしょう。また、社宅とはいえ会社の名前を大々的に出すのも許可されないという場合があります。いずれにしても法人契約の際に確認したほうがいいかもしれませんね。

 

まとめ

賃貸物件は法人契約することが可能です。会社によって利用方法は異なるかと思いますが、会社の身分を証明し、適正な手続きを踏めばお互いにとってとてもいい契約になることでしょう。一気に大勢の人が住むことになりますから、トラブルが起きる可能性も否めません。大家さんと会社でいい関係を気付き、法人契約を結ぶということが大切なのかもしれませんね。